Main menu:

Site search

Categories

Tags

Archive for '住宅リフォーム'

古い家をリフォームすると

不動産投資をする人が増えています。
これは、何も意識的に不動産投資を始めるという人に限りません。
家を買ったが、転勤を命令されたため、賃貸に回さざるを得なくなったという人も多いのです。
このような転勤がきっかけで、本格的な不動産投資に目覚める人がいます。
家が古いままだとなかなか借り手がつきませんので、リフォームで綺麗に直したりします。
すると、内見に来た人の反応が良くなって入居する・・・といった具合に、ダイレクトに自分の行動の結果が見えるのが楽しいようです。
このまま、専業大家さんになることも夢ではありません。
会社は、迷惑がかからないタイミングで退職しましょう。
会社員という信用があったからこそ、ローンを組めて不動産投資をスタートできたのですから。
なお、退職タイミングの見極め方や退職願いの書き方など、退職に関する基本知識については、専門の情報サイトがありますので、そちらを参考にされてください。
退職手続きと成功する転職 http://www.sg-hk.com/

記録を残しておく

昔の方は物を大事にしました。
私の祖父の話ですが、購入した家電には全て油性マジックで
購入年月日を記載していました。
それによって、どの家電がどのくらいの年数で壊れるのかを把握してたのです。
もしも、住宅の修繕などがあれば
それの記録を残しておくことで費用を予め準備することが可能です。
いつ、パイプ交換をした。
床の張替えをした。
というような記録です。
また、住宅家電などの記録も残しておけば、
次回購入するものの目安がわかるようになります。

リフォーム希望者にサイト記事を書いてもらったら?

住宅リフォームを専門としている企業への提案ですが、
あなたの会社に興味を持ってくれて、
仕事を任せたいという方がいたのなら、
SEO対策にもなるようなサイト記事を書いてもらったらいかがでしょう?
リフォーム工事もお願いするわけですので
相手はそれなりの費用を支払います。
ですので、サイト記事を書いてもらったら特典をつける、
リフォーム費用からサイト制作にかかった記事のぶんを相殺するという方法でもいいでしょう。
あるいは、ご希望のシステムキッチンをプレゼントでもいいですね?
リフォームを考えた時のことから
リフォーム業者選びをしたこと、
それから実際にあってみた感想や、打ち合わせなどなど。
完成までではなく、完成してから半年くらいまで記事を書いてもらうのです。
写真付きなら最高のサイトができるでしょう。

段差は作らないほうがいい

元々がフラットのバリアフリー仕様の住宅なら、
少しの段差も作らないほうがいいと思います。
畳を取った部屋。
簡単にフローリングにするからと言って段差を埋めずにやったことがありますか?
これまでに少しの段差もきにせずに暮らしていた場合
必ずといっていいほど足をぶつけてしまうのです。
意識しないとぶつけてしまうのですね。
居室での足さばきは癖がつきます。
段差がない部屋に暮らしているとほんの数センチ下に下がっていても
ガクン!とすることがありますし、
逆に上がっている場所に足を運ぶ時には思いっきりぶつけてしまうのです。

設備のデメリットを知る

最新の設備はいいものですね。
リフォームの際に最新設備を取り入れたいという方はおおいと思いますが、
本当に必要な物なのか考えてみてください。
取り入れたのに使うことがなかったというのなら
それにお金をかけても損です。
もったいないのです。
使いこなすことができなければ無意味です。
例えば、ビルトインでガスオーブンを入れているお宅では、
それをフルに活用している方はとても少ないと言われています。
下手をするとそこに鍋類を収納するという感じです。
また、フルオートバスシステムを導入しても
一人暮らしだと意味が有りません。
あなたのあとにお風呂に入る人はいないのですから
追い焚きや湯をたすという必要はないのです。

呼吸する素材を取り入れたい

住宅リフォームで最近人気なのが塗り壁なのだそうです。
土壁や漆喰がそれにあたりますが、それらには藁なども混ざっているため
耐久性はかなりあるようです。
お城などもそのような素材で補修が行われているくらいなのです。
なぜリフォームでそれが人気なのかというと、
体に良い素材を取り入れるということですが、土壁や砂壁というものは
呼吸をすると言われており、化学物質などは吸着してくれるのだそうです。
壁紙で湿気が溜まってしまうとカビやハウスダストの温床となってしまいますし、
呼吸器が弱るかのせいもあるのです。

冬のことも考えたい

節電するのは夏だけではありません。
まあ、夏に比べれば冬の電気使用量は少ないでしょうが、
暖房は電気をくいます。
ということは熱源を選んで暖房器具を取り入れないと、
節約にならないということです。
夏に住宅をリフォームした場合、涼しさと快適さで大満足するかもしれませんが、
冬になって寒くならないかというところまで考えないと、
また、リフォームを考えたくなるのです。
大きな空間がほしいからと壁を取っ払ってみたら
冬にとても寒くなったということは・・・考えられますよね?
リフォームは一時の満足ではなく、1年を通して、
また数年先、十数年先はどうなのを考えて計画をしてください。

作ってあげたい「主の部屋」

子供が小さなうちはお父さんもお部屋がなくても我慢します。
好きな趣味だって一時的にストップしますし、諦めます。
子供が大きくなるまでの辛抱だと。
もしお子様が大きくなり巣立たれたのなら、
これからでも遅くありませんので、主の城を作ってみてはどうでしょう?
趣味の音楽も可能、パソコンだって家族に邪魔されずに好きに見れる、
趣味ではじめたことを書斎にコレクションする。
一家の主なのに家に帰りたくない。
居場所がないと思っているお父さんであれば、
きっと家に帰ってくるのが楽しみになるはずです。

アイランド型キッチン

キッチンのリフォームをする場合、アイランド型を検討してみましょう。
アイランド型とは、文字通り通常のきっちんとは離れた島があることです。
これがあると、子供たちとご主人がリビングにいる時間に奥様も一緒に会話に参加できたり
できるのです。これなら独りもくもくと料理の支度をしてさみしい思いをしなくていいですよね。
費用は少し高いですが奥様の為に検討されてみてはいかがでしょうか?

適した素材か知る

リフォームでは好きな素材が選べます。
しかし、それが適していない場合もありますので、
「これはここには不適切ですよ?」というアドバイスがあると良いと思います。
もしそれをしてくれず、あとになって問題が起こったら大変です。
まあ、床材ならそれように売られていますので問題は無いかと思いますが、
こだわりのある方はチェックが必要です。