Main menu:

Site search

Categories

Tags

Archive for 'シックハウス'

住宅リフォームの基礎を無料で学ぶ

住宅リフォームには専門的な知識が必要です。
お客さんの立場であれば特に勉強しなくてもリフォーム自体は可能なのですが、そうなると悪徳業者を見分けることができなかったり、必要ないリフォームをされて余分なお金を払うはめになったりします。
ところで、住宅リフォームを無料で学べる場所があることをご存じでしょうか?
職業訓練校です。
住宅リフォーム科という職業訓練コースが各都道府県の職業訓練校で開催されています。
(職業訓練については、このホームページが詳しいです。)
リフォームのために職業訓練校に行く、というのはさすがに本末転倒ですが、通える立場の人であれば選択コースとしてオススメです。
ちなみに、職業訓練に行くと失業保険をもらえる日数が増えます。
具体的には、職業訓練が終わる日まで、失業保険の支給が延長されるのです。
職業訓練に行かずに失業保険を延長する方法もあります。
→ http://www.shitsugyo-hoken.com

頻繁に行うことではないから

模様替えのように頻繁に気軽に行えないのがリフォームです。
そのため、計画や業者選び、素材選びは慎重に行わなければなりません。
壁紙の場合、汚れがすぐに拭き取れる、めくれにくい
というものを選ぶようにします。
また、シックハウス対策のため、使われている接着剤などについても
よく調べておきましょう。
業者選びではリフォーム期間が長くなる可能性も考えられます。
手抜きをされる、指定した素材を使わないということも考えられ、
納得がいかない場合やり直しをさせることだってあるのです。
現場に足を運んで進捗状況を見る、
選んだ素材がきちんと使われているか確認する、
近所に迷惑とかけていないかを知る。
これはとても大切なことです。
住居の全てをリフォームする場合、
よそに家を借りなければなりません。
その分の家賃がでますので、工事が長期化すると痛いのです。
当初の計画通りとならないことも多いそうですので、
あなた自身が足を運ぶのは重要といえるでしょう。

呼吸する素材を取り入れたい

住宅リフォームで最近人気なのが塗り壁なのだそうです。
土壁や漆喰がそれにあたりますが、それらには藁なども混ざっているため
耐久性はかなりあるようです。
お城などもそのような素材で補修が行われているくらいなのです。
なぜリフォームでそれが人気なのかというと、
体に良い素材を取り入れるということですが、土壁や砂壁というものは
呼吸をすると言われており、化学物質などは吸着してくれるのだそうです。
壁紙で湿気が溜まってしまうとカビやハウスダストの温床となってしまいますし、
呼吸器が弱るかのせいもあるのです。

ホルムアルデヒド

ホルムアルデヒドとは、無色の刺激臭のある気体の化学物質です。
水に溶けた37%溶液は、ホルマリンと呼ばれます。
ホルマリンは防虫、防腐剤として広く使用されています。
ホルムアルデヒドは、塗料や接着剤、床材、家具、日用品の皮革製品や衣類にも用いられています。
ホルムアルデヒドには有害性があり、人によって影響は異なりますが、
一般的に0.05ppmで臭気や目に刺激を感じます。
厚生労働省はWHO(世界保健機構)のガイドラインを基に、
居室の許容濃度0.08ppmという指針値を出しています。
室内のホルムアルデヒド濃度を下げるには、換気が有効です。
JAS(日本農林規格)では、建材のホルムアルデヒドの放散基準を定めています。
特に新しい住宅を建てる際には、ホルムアルデヒドの少ない材料を選び、
工事期間中も換気に気をつけてください。
シックハウスに対する不安などから、自然塗料が注目されていますが、
自然塗料もまた乾燥する過程において、ホルムアルデヒドを発生します。
そのため、自然塗料を使っているとしても、室内の換気は充分に行わなければなりません。
自然塗料を使う際には、使用方法や使用量を必ず守ってください。

シックハウス症候群

近年、住宅やマンションの高気密化によって、目がチカチカする、
呼吸困難、皮膚への刺激、めまい、頭痛、吐き気などの症状を訴える人が増えています。
これをシックハウス症候群と呼びます。
また、いったん化学物質によって過敏な状態になると、
ごく微量の化学物質でも過敏な反応がでる場合があり、これを化学物質過敏症といいます。
シックハウス症候群の原因は、建材などに化学物質を多量に使用、住宅の高気密化、
昼間不在がちの家が多いことやエアコンの使用などで窓を閉め切ることが多い、
などがあげられます。
厚生労働省では、ホルムアルデヒド、トルエン、パラジクロロベンゼンなど、
化学物質13種類の指針値を出しています。
この数値は、健康への有害な影響を受けないであろう数値が設定されています。
パラジクロロベンゼンは、芳香剤や消臭剤に用いられています。
平成15年7月1日から改正建築基準法によって、シックハウス対策がとられています。
これによって、建物の建材や換気設備が規制されています。
しかし、シックハウス症候群には未解明のところが多く、治療法も確立してはいません。
新築、住宅購入、リフォームなどの際には、施行業者と充分話し合い、
換気を充分にして化学物質を放散させるよう、心がけてください。