Main menu:

Site search

Categories

Tags

建て替えたほうがいい?

住宅のほぼ全部のリフォームが必要となった場合、それだけで1千万年超えてしまう確率は高いものですね。そうなると建て替えも検討するでしょうが、もしも柱や土台がしっかりとしているのならリフォームを選択したほうが良さそうです。なぜなら、取り壊すにもお金がかかりますし、基礎工事にかかる費用だってかさみます。土台がしっかりとしていることでこの2つの費用がうきますので、それが耐用年数十数年ということとなれば、柱や土台は壊さないほうが良いのです。

柱があるからといってリフォーム後の間取りのバリエーションが少なくなるかというとかならずしもそんなことはありません。柱部分を隠してしまえば間取りは自由自在です。沢山の柱があるわけではありませんし、増築できる敷地面積があるのなら広いリビングだって可能なのです。

取り壊して基礎工事からとなるとその間の期間、完成までの日数が延びてしまいます。全体的なリフォームですと仮住まいにかかる費用も気になるところです。それを低く抑えるためにも長く保てる部分は残したリフォームが良いというわけです。