Main menu:

Site search

Categories

Tags

ホルムアルデヒド

ホルムアルデヒドとは、無色の刺激臭のある気体の化学物質です。
水に溶けた37%溶液は、ホルマリンと呼ばれます。
ホルマリンは防虫、防腐剤として広く使用されています。

ホルムアルデヒドは、塗料や接着剤、床材、家具、日用品の皮革製品や衣類にも用いられています。
ホルムアルデヒドには有害性があり、人によって影響は異なりますが、
一般的に0.05ppmで臭気や目に刺激を感じます。

厚生労働省はWHO(世界保健機構)のガイドラインを基に、
居室の許容濃度0.08ppmという指針値を出しています。

室内のホルムアルデヒド濃度を下げるには、換気が有効です。
JAS(日本農林規格)では、建材のホルムアルデヒドの放散基準を定めています。
特に新しい住宅を建てる際には、ホルムアルデヒドの少ない材料を選び、
工事期間中も換気に気をつけてください。

シックハウスに対する不安などから、自然塗料が注目されていますが、
自然塗料もまた乾燥する過程において、ホルムアルデヒドを発生します。
そのため、自然塗料を使っているとしても、室内の換気は充分に行わなければなりません。
自然塗料を使う際には、使用方法や使用量を必ず守ってください。