Main menu:

Site search

Categories

Tags

シックハウス症候群

近年、住宅やマンションの高気密化によって、目がチカチカする、
呼吸困難、皮膚への刺激、めまい、頭痛、吐き気などの症状を訴える人が増えています。
これをシックハウス症候群と呼びます。

また、いったん化学物質によって過敏な状態になると、
ごく微量の化学物質でも過敏な反応がでる場合があり、これを化学物質過敏症といいます。

シックハウス症候群の原因は、建材などに化学物質を多量に使用、住宅の高気密化、
昼間不在がちの家が多いことやエアコンの使用などで窓を閉め切ることが多い、
などがあげられます。

厚生労働省では、ホルムアルデヒド、トルエン、パラジクロロベンゼンなど、
化学物質13種類の指針値を出しています。
この数値は、健康への有害な影響を受けないであろう数値が設定されています。

パラジクロロベンゼンは、芳香剤や消臭剤に用いられています。
平成15年7月1日から改正建築基準法によって、シックハウス対策がとられています。
これによって、建物の建材や換気設備が規制されています。

しかし、シックハウス症候群には未解明のところが多く、治療法も確立してはいません。
新築、住宅購入、リフォームなどの際には、施行業者と充分話し合い、
換気を充分にして化学物質を放散させるよう、心がけてください。