Main menu:

Site search

Categories

Tags

リフォームは退職前に

住宅リフォームというと、かかる金額はさまざまです。

ドアを付け替えたり、水道の蛇口を違う型番のものに変更したりといったリフォームなら、大した金額ではありません。

なので、簡単に払えます。

しかし、これが外壁を全部塗り替えるといった大規模な住宅リフォームだったらどうでしょうか。

こういった大規模なリフォームの場合、支払いは数十万円から、高いと数百万円に上ります。

このような金額の場合、ローンを組むのが普通です。

しかし、リフォーム前に退職していた場合、このローン審査が通りません。

収入源がなくなった人に対しては、ローン会社は非常に冷たいのです。

ということで、リフォームを考えているなら退職前に行いましょう。

もし、すでに退職してしまっているのであれば、一刻も早く再就職が必要です。

転職を急ぎましょう。

転職面接サイト(例:http://tensyoku-mensetsu.info/)などを使って、面接対策をしっかりしておけば、やみくもに何十社も面接に行かなくても十分に転職先を見つけることができます。

建て替えたほうがいい?

住宅のほぼ全部のリフォームが必要となった場合、それだけで1千万年超えてしまう確率は高いものですね。そうなると建て替えも検討するでしょうが、もしも柱や土台がしっかりとしているのならリフォームを選択したほうが良さそうです。なぜなら、取り壊すにもお金がかかりますし、基礎工事にかかる費用だってかさみます。土台がしっかりとしていることでこの2つの費用がうきますので、それが耐用年数十数年ということとなれば、柱や土台は壊さないほうが良いのです。

柱があるからといってリフォーム後の間取りのバリエーションが少なくなるかというとかならずしもそんなことはありません。柱部分を隠してしまえば間取りは自由自在です。沢山の柱があるわけではありませんし、増築できる敷地面積があるのなら広いリビングだって可能なのです。

取り壊して基礎工事からとなるとその間の期間、完成までの日数が延びてしまいます。全体的なリフォームですと仮住まいにかかる費用も気になるところです。それを低く抑えるためにも長く保てる部分は残したリフォームが良いというわけです。

関連する業者への連絡はどうなる?

リフォームを依頼した際、全てが工務店の仕事ではないことも多いかと思います。

キッチンやお風呂場、トイレも関係するのなら、
水道工事の業者にも入ってもらわなければならず、
そこにガス管があるのなら、ガス会社にも入ってもらわなければなりません。
すべての作業を工務店の人がやるということは絶対にありません。
電気に関しても電気工事士が入るのが当たり前です。

専門業者以外がやることは禁止されている。
これをわかっていない人もいるようですね。

さて、それらの業者への連絡はどうなるのでしょう?

工事一切を仕切る業者に依頼をすれば、そこから連絡が行くようになります。
工事を進める際、できるだけ手順よくするため、
工程の中に様々な業者の日程を組み込んでいくのです。

個人的に工務店に知り合いがいるからお願いする。
となったとき、指揮管理をしてくれるかも確認しておいてください。

必要な業者への連絡を怠ることでリフォーム完成の日程がズレるおそれがあります。

リフォームができる家を買う

いずれはリフォームすると考えて家を買うと楽なものです。

家族が増えた時2階に立てましできるかということも考えの中に入れておけば、壊して建て直しすることもありませんし、土台がしっかりしており長くすまえる家を買うとかかる費用だっておさえることができます。

建て直しするとなると壊す際にもお金がかかります。それから土台を埋めるために土を掘り家を新築するのですが、そのさい、完成するまでの間、どこかに居を移さなければならずそれにもお金がかかってしまいます。半年かかるとしたらその分のお家賃だって家具などを預かって貰う場合、倉庫代だってかかってしまうのです。

ただ、全体的なリフォームの場合は居を移すのは仕方ありませんが、リフォームの場合期間は短くてすみます。暮らせるスペースを確保すれば無駄に出ていく出費だっておさえることができます。

中には箱状態のものを組み立てするため、壁自体壊せない家もあるようです。短期間で仕上がりコストも低く抑えられ安いというのは魅力なようですが。

高い家が買えないなら、転職して収入を上げるのも手です。

収入が上がれば、組めるローンの額も上がります。→ 転職履歴書の書き方 http://rirekisyo.pw/ (転職に必要な履歴書や職務経歴書の記入方法について解説してあるサイトです)

外壁塗装リフォームにかかる費用はいくら?

特に戸建住宅の場合、
内装リフォームよりも外壁塗装リフォームのほうが重要では?
と感じます。

中だけキレイにしても外観が良くないとダメというのではなく、
建物を丈夫に保つためにもそうしたほうが良いからです。

ひび割れや欠けた部分が出た場合、
老朽化によるものと考えてよいでしょうし、
そのまま放置するとどんどん状態が悪くなると言えます。

でも気になるのがその費用。

あるおたくの話ですが、
2階建ての住宅でかかった費用は総額250万円だったそうです。

内装リフォーム工事に比べれば(範囲にもよりますが)
安いお値段に感じます。
でもそれを現金でポンと出すと考えた場合
高い・・・と思わざるを得ません。

しかし、良い状態を長く保ち、
建て壊しをする期間を長くするには
外壁塗装リフォームは必要なことだと思います。

アパートやマンションであれば
1千万超えといって良いかもしれませんね。
でも危ない状態で住人を住まわせるわけにはいきませんので出費は痛くても
考えるべきです。

個人部屋を好みにする

個人部屋なら壁紙も自由でいいと思います。

海外の子供部屋。
とても可愛いですよね。

あのようにすれば個性だってでますし、
部屋にいて楽しいと感じます。

日本はどちらかというと子供部屋もシンプルにしがちです。
壁紙も淡い色調やベビー色と言われるものを使っても
色の数も少ないものが使われています。
アクセントとして柄の入ったボーダーを使うという感じでしょうか?

シンプルだと家具やカーペットも合わせやすいと思います。
その点では日本の子供部屋は便利と言ってもいいでしょう。

壁紙に合わせてカーテンやカーペットをかえるのは
お金がかかります。
頻繁にリニューアルするとかなりの出費が。

でも家族が使う部屋は全て統一させても
個々人の部屋は多少変えてもいいと思います。
広さ的には狭いですし、大きな模様替えとはなりません。

主の部屋ならダークな色調で。
寝室は青が入った色を入れてみる。
家族みんなが使う部屋は暖かい色調のものを。
その時のカーテンは夏と冬で替えると良いと思います。

頻繁に行うことではないから

模様替えのように頻繁に気軽に行えないのがリフォームです。

そのため、計画や業者選び、素材選びは慎重に行わなければなりません。

壁紙の場合、汚れがすぐに拭き取れる、めくれにくい
というものを選ぶようにします。

また、シックハウス対策のため、使われている接着剤などについても
よく調べておきましょう。

業者選びではリフォーム期間が長くなる可能性も考えられます。
手抜きをされる、指定した素材を使わないということも考えられ、
納得がいかない場合やり直しをさせることだってあるのです。

現場に足を運んで進捗状況を見る、
選んだ素材がきちんと使われているか確認する、
近所に迷惑とかけていないかを知る。
これはとても大切なことです。

住居の全てをリフォームする場合、
よそに家を借りなければなりません。
その分の家賃がでますので、工事が長期化すると痛いのです。

当初の計画通りとならないことも多いそうですので、
あなた自身が足を運ぶのは重要といえるでしょう。

しつこく勧めてくる業者

頼みもしないのにリフォームをしつこく勧めてくる業者もいます。

外の外観からペンキが剥がれているからという理由
それから高齢者宅だと調べて入ってくるなど
こちらからコンタクトを取らないのにリフォームを勧めてくることがあります。

外壁塗装工事の会社の場合
営業マンが担当地域を回って工事をしませんか
という案内をすることは有ります。

住んでいる方がそろそろ外壁をどうにかしなくては
と思っているタイミングというわけですが
それは外から見てもわかるため営業マンが来るのです。

それは全てが悪質ということではありません。
でも工事をする担当者との話の食い違いというのは有ります。
工事経過が良くなかった、仕上がりを逐一調べてみたところ
納得がいかなかったというのもあります。

リフォームの場合、高齢者宅を狙うというケースはよくあるそうで
年金が入ってくると見込んで悪質な業者が入り込んでくるのです。

こちらからコンタクトを取ってない業者なら
疑ってかかった方が無難でしょう。

古い家をリフォームすると

不動産投資をする人が増えています。

これは、何も意識的に不動産投資を始めるという人に限りません。

家を買ったが、転勤を命令されたため、賃貸に回さざるを得なくなったという人も多いのです。

このような転勤がきっかけで、本格的な不動産投資に目覚める人がいます。

家が古いままだとなかなか借り手がつきませんので、リフォームで綺麗に直したりします。

すると、内見に来た人の反応が良くなって入居する・・・といった具合に、ダイレクトに自分の行動の結果が見えるのが楽しいようです。

このまま、専業大家さんになることも夢ではありません。

会社は、迷惑がかからないタイミングで退職しましょう。

会社員という信用があったからこそ、ローンを組めて不動産投資をスタートできたのですから。

なお、退職タイミングの見極め方や退職願いの書き方など、退職に関する基本知識については、専門の情報サイトがありますので、そちらを参考にされてください。

退職手続きと成功する転職 http://www.sg-hk.com/

ブログにリフォーム記録を綴ろう

一生のうちで大きな買い物は「家」かと思います。

その家をリフォームするのも一生のうちで一回くらいしかないと思います。
あるいは、親から引き継いだ家をリフォームするなど。

その記録をメジャーなブログに記録として残してみるのはいかがでしょう?

インターネットが多くの方に使われたのはここ10数年のことです。
ですので、無料ブログサービスの歴史はまだまだ浅いもの。
10年続いていたらそれなりにメジャーと言っていいでしょう。

そのブログがこの先数十年も残るとすれば
あなたの子の代にリフォーム記録がためになる可能性があります。

計画から完成までではなく、
住んでみて、どこがマイナスになったのかも書くのです。
それは家の歴史とともに家族の歴史ともなり、
家族の人数に合わせた住まいづくりの手本にもなるのです。