Main menu:

Site search

Categories

Tags

失業保険受給中にアルバイトすると?

失業保険は、再就職活動に専念するために一定期間、国からお金がもらえる制度です。

その主旨から考えると、失業保険をもらっている期間にアルバイトをするのは何だかまずいような気がします。

しかし、これは「気がする」だけです。

実際のところ、失業保険をもらっている期間にアルバイトをすることが全面的に禁止されているわけではありません。

ここを誤解している人はかなり多く、「失業保険をもらっているから、アルバイトをすると不正受給になる」と思い込んでいます。

簡単にいうと、禁止されているのは「ハローワークに黙ってアルバイトをすること」です。

つまり、正直に申告すればアルバイトをしてもハローワークから怒られることはありませんし、もちろん失業保険の不正受給になることもありません。

といっても、無制限にアルバイトをすると違う条件にひっかかって失業保険の支給が止まるので注意してください。

あまり長時間・継続的に働いていると、それは「再就職した」という扱いになってしまい、失業保険の支給が打ち切られるのです。

失業保険の不足分を補おうとしてアルバイトをしたのに、その失業保険を打ち切られたのでは本末転倒です。

さて、雇用保険法では1日4時間以上の仕事をアルバイト、1日4時間未満の仕事を内職と定義しています。

内職というと、家の中で細かい仕事をしているようなイメージを抱く人が大半だと思いますが、これは単なる名称だと考えて下さい。

外にアルバイトに出たとしても、「内職」です。

短時間労働という意味に置き換えれば理解しやすいでしょう。

アルバイトした日をハローワークに申請するには、失業認定報告書を使います。

アルバイトした日に○、内職した日には☓をつけ、その日に得た報酬額を記入します。

そして、失業保険はアルバイトした日には一部カットされて支給されるか、まったく支給されないかのどちらかになります。

一部カットされて支給されるのは失業保険の支給日数が全体の3分の1以上かつ45日以上ある場合です。

この場合、就業手当といって、失業保険の3分の1がもらえます。

しかし、失業保険をもらえる残日数は3分の1の金額しかもらっていないにも関わらず、しっかり1日減ります。

あまりお得とはいえません。

就業手当は失業保険の認定日に同時に申請します。同じ書類で申請するので当然といえば当然です。

支払いも、失業保険とまとめて口座に振り込まれてきます。

なお、失業保険の支給残日数が「3分の1かつ45日未満」になったら、就業手当は支給されなくなります。

しかし当然ですが失業保険の支給残日数も減りません。

イメージとしては、「失業保険の支給終了が、1日1日うしろにずれていく」感じです。

トータルとしては損はないですが、失業保険がもらえるのは「前職を退職してから」1年という制限がありますから、その制限にかからないようにプランを立てる必要はあるでしょう。

最後に内職の場合について触れておきましょう。

内職の場合は、得た収入によって失業保険が減額されて支給されます。

失業保険の受給残日数も減りますから、正直なところお得感はありません。

というより損をしたという気分になります。

内職は、あまり得な選択とはいえないように思えます。

失業保険受給中のアルバイトについて、一番得するプランについては、下記のサイトを参考にされてください。

失業保険と会社の辞め方 失業保険をもらいながらアルバイトをする方法

住宅リフォームの基礎を無料で学ぶ

住宅リフォームには専門的な知識が必要です。

お客さんの立場であれば特に勉強しなくてもリフォーム自体は可能なのですが、そうなると悪徳業者を見分けることができなかったり、必要ないリフォームをされて余分なお金を払うはめになったりします。

ところで、住宅リフォームを無料で学べる場所があることをご存じでしょうか?

職業訓練校です。

住宅リフォーム科という職業訓練コースが各都道府県の職業訓練校で開催されています。
(職業訓練については、このホームページが詳しいです。)

リフォームのために職業訓練校に行く、というのはさすがに本末転倒ですが、通える立場の人であれば選択コースとしてオススメです。

ちなみに、職業訓練に行くと失業保険をもらえる日数が増えます。

具体的には、職業訓練が終わる日まで、失業保険の支給が延長されるのです。

職業訓練に行かずに失業保険を延長する方法もあります。

→ http://www.shitsugyo-hoken.com

定期的なチェックでリフォーム費用を低くする

例えば木造住宅。

木造住宅の場合、シロアリの発生という可能性もありますし、
水回りだと腐食している可能性があります。

鉄筋コンクリート住宅だって水回りの腐食はあります。
タイルが湿ったまま、床板の色の変色、壁との繋ぎ目の異変などなど。

定期的にチェックを入れることでリフォーム費用を抑えることは可能だと思います。

特に柱や梁となる部分。
全く傷んでもおらず、歪みもない、地面にしっかりと固定されている
という場合、思わぬ費用がかかることはありません。
欠陥住宅の場合それがダメということも多く、
予定外の出費につながってしまうのです。

アメリカの話ですが、
シロアリ駆除をする際、住まいを一時的にうつし、
誰もいない状態で駆除をするのだそうです。
家に帰ったら食器やファブリックの洗濯に追われるほどなのだそうです。

シロアリにやられたらと考えると、
それくらいの規模でもやったほうが良いに越したことはありません。

借家のリフォーム

借家のリフォームは基本的に大家さんの方で手配をし行われます。
不動産がそれをしている借家もあります。

でも安く借りている場合、住んでいる方が行うこともあります。
その際は、不動産会社や大家さんに許可を得る必要があります。

大きく壊してしまう、となれば許可を得られないでしょうが、
例えば老朽化した床の張替えだとしたら
大家さんだって大歓迎です。
大家さんの手元からお金が出ることはありませんし、
洗面台が割れたというときも、住んでいる方が綺麗に治す、
リフォームをすることで、その方に貸しておいて良かったとなるのです。

実際私の姉の家がそうです。

旦那さんがいろんなことができる方ですので、
床の張替えもやりましたし、洗面所もキレイにリフォームしてあります。

集合住宅だとそううまく行きませんが、
床の張替えはもちろん、配管工事から外装塗装までもできるため、
自分たちの手でリフォームをしているのです。

スライドドアの便利さ

廊下が狭い、家具を配置する場所となると
出入口やクローゼットの扉を配するならスライド式にしましょう。

スライドドアの利点は、扉を開いても出入りを確保するスペースがそれほどいらない、
手前横に家具を配置してもじゃまになること無く
すんなりそこから出入りすることができるということです。

大きな部屋ならどのような扉でも差支えはありませんが、
大きめに開口するスライドドアの場合、
車いすだって自由に出入りすることができます。

ドアというとほぼ同じ大きさとなっています。
それは車いすは通りません。

病院の出入口も全てスライドドアになっていますよね?
開口部も広くなっているため、ベッドも搬入しやすくなっています。
術後の患者さん、検査のためにというとき、寝たきりの方も楽に通れるような大きさとなっているのです。

住宅ではリビング、その方の部屋、トイレ、バスルームにそのような扉にリフォームしましょう。

棚などでもスライドドアや引き出しにすることで楽になります。

誰のためにリフォームするか

リフォームを考える上で一番大切なことは
「誰のために、何のために行うか」ということです。
つまり、目的ということになりますが、
家族すべての意見が取り入れられなくても
問題解決をするためのリフォームですので、すべての意見が通らなくてもいいのです。

特にお子様方の意見。

子どもたちはいずれ巣立ちます。
この家に残る方の意見を最優先したほうが良いということになりますよね?

体が不自由になった時、段差を解消することや
出入口や廊下を広くすることで車いすでの異動が楽になります。
これは小さなお子様にも共通することです。

キッチンは誰のため?
だとしたら、主に家事をする方の意見を取り入れましょう。

お風呂への暖房はあったほうが良い?
そう考えるのなら、高齢者がいる場合や乾燥機能が付いていると
梅雨時も助かるということになります。

ベッドを取り入れるなら誰のため?
と考えたら、足腰が弱い方のためというのが最優先となるでしょう。

優先順位を考える

リフォームの重要点は、
優先順位を考えることですが、
今現在不都合と感じている部屋や場所から改善しなければなりません。

それに付随できる工事が次に考えることです。
もしもそれをするに金銭面での余裕が無いとしたら、
不都合な場所のみの工事をしてもらいましょう。
チグハグにならないような仕上がりを目指し工事をしてもらうのです。

リフォームというと、あちらこちらの部屋をやって欲しいと思うようになります。
傷んでしまったシステムキッチンの入れ替えだけを考えていたのに、
より使いやすいようにと、キッチンを大改造したくなるというようなことです。

予算で収まればそれをやって構いません。
楽に返済できるローンを組むことができればそれもまたOK。

システムキッチンの入れ替えだけだとチグハグになるのは目に見えています。
でも支払いで困るのはよくありませんので、
その時はそれで潔く諦めることです。

お金が貯まれば工事の続きをしてもらってもいいのです。

不都合が生じている部分を最優先

住宅リフォームでは考えていた予算をオーバーすることが多くあります。

その理由は、「最優先させる部分以外にも手を加えたくなるから」です。

キッチンの動線が悪い、床がきしんでいるというのなら、
まずはその部分を重視しリフォームすべきでしょう。
それならシステムキッチンを取り替える際贅沢をしなければ
予算どおりで済むこともあります。
システムキッチンも様々なものがありますが、上を見ればキリがありません。

まずは動線を良くすること、床のきしみがあるなら床板を帰ることを最優先させ、
システムキッチンを変えずに動線が確保できるなら、システムキッチンを諦めるという方法もあります。
あまりにも古臭くて使い勝手が悪いというのなら思い切って新しいものにするのもよいでしょう。

リフォームローンが通りそうだと思っても、
できればその範囲内で収めましょう。
他の部屋もというよりも、家族が集まる部屋を優先させます。
子供は成長しいずれは巣立ちますので、個室はあとに考えるべきなのです。

スライド型が便利

リフォームを考えるなら、ぜひスライド型を取り入れてみましょう。

扉にしても同じです。
スライド式にすることで、扉の開閉スペースを考えなくてもよくなります。

開け閉めをすることで家具がじゃまになったり傷をつけることも亡くなります。

今は埋込み式のスライド型が主流ですので、
段差などもありませんし、万が一車いすになった時でも、
じゃまになるものはありません。
フラットになっているからです。

収納スペースの扉もスライド型がおすすめです。
多少家具がそこにはみ出していても、じゃまになることもありません。

個々の収納スペースもスライド式にしてみましょう。
個々の収納スペースの場合は、引き戸ではなく飛び出すという形となりますが、
しまい忘れを防ぐことが出来ます。
引き出しにすることでその分のスペースは必要となりますが、
箱型のものに入れるメリットは十分にあります。

高いところの収納棚もスライド式にしましょう。
脚立や踏み台を使わなくて済むようになります。

好みでアレンジできる

海外では中古住宅を買った際、
その家の壁紙を張り替えたりペイントするのが当たり前だと言われています。

日本でもそうなのかもしれませんが、
壁紙の貼替えでは好みでアレンジできますし、
部屋の主の好みで変えることができます。

ただ気になるのは化学物質ですよね?
壁紙にそれが含まれていないとしても接着剤に入っていた場合でも
敏感に反応する方にはつらいものです。

壁紙のおすすめは、爪などでも簡単にひっかくことができないタイプのものです。
家具が当たるだけでその部分が剥げてしまうと気を使いながらの生活になります。

マンションなどがそうで、ちょっとのことでも傷がつくためかなり気を使ってしまいます。

柔らかさという点では良いものですが、
生活で気を使うのではよくありません。

シックハウス対策がされており、引っかき傷もできにくいタイプのものを選ぶようにしましょう。

なおかつ、傷や剥がれが出た時に補修しやすいような色みのものを取り入れてください。